失われた3月「またもや不発!」-キルギス・中央アジア料理のカフェOne stories-

失われた3月「またもや不発!」-キルギス・中央アジア料理のカフェOne stories-


こんにちは!

キルギス・中央アジア料理のカフェOne stories(休業中)皆川です。

 

いやあ、元から大変ですが、コロナウイルスの影響でさらに大変になりました。

 

でも、よくよく考えてみると「大変度が1から2になっただけで、そんなに変わんないなあ」と妙に受け入れてしまっております(笑)

 

さて、そんな年中崖っぷちの僕ですが、昨日カフェマネージャーさんと今後のカフェの方向性についてお話してきました。

 

そこで、今回のコロナショックによる休業で、そもそもカフェのビジネスモデルが売上の点でダメだったから、今回はビジネスモデルを変えるいいチャンスだよね~、という話になりました。

 

カフェマネージャーさんには、いつも私たちを信頼してカフェ運営を任せて頂いているので、本当に感謝しています。

 

そして、前向きに活動ができるように引き続きビジネスプランをブラッシュアップしていく事となりました。

 

今後のカフェ運営について

 

という事で、

 

  • 安心してカフェが営業できるようにコロナ対策がなされるまでは、営業しない。

 

  • 誕生日、記念日、【プロポーズ】など、少人数での料理ドリンク付き、貸切サービスの提供企画。

 

  • 少人数、限定制の長崎鮮魚店直送お魚とワインが楽しめるバルの企画。

 

以上を提案させていただきました。

 

特に、2つ目の、プロポーズや記念日にカフェを貸し切って使って頂くのは結構いいサービスなのではないでしょうか。

特に、カフェのデザインもオシャレですし、広すぎず狭すぎないカフェのスペースというのが、少人数で大切な時間を過ごすにはもってこいだと思います。

 

具体的には、

 

料金:

一人1万円。

 

内容:

・夕方~夜に2時間カフェを貸切り。

・事前に、料理やワインなどをお皿に盛りつけて冷蔵庫に入れておく。キャンドルなどの設置。

・お客様が来て、スペースについて説明して引き渡し、終了時に連絡してもらう。

 

となります。

 

いかがでしょうか?

使ってみたいという方はぜひ、皆川にご連絡ください。

 

それでは、今日の本題にやっと突入します。

 

失敗職人

そうそう、いったいカフェ休業中の3月は何してたんだコイツ!?と思われる方もいらっしゃるかもしれないのですが、案の上また失敗をせっせと積み重ねておったのです。

 

皆川=失敗職人

 

という名誉を頂いてもよさそうな気がしますよ!

 

ホント。

 

で、今回はどんな失敗かと言いますと、

 

クラウドファンディングを使って、キルギスからシーベリーを輸入販売しよう!

 

というものでした。

 

というのも、2月にキルギスの友人からシーベリーを真空乾燥させたものを頂きまして、カフェでお客様に試飲して頂いたのですが、結構評判が良かったのです。

 

ということで、

「よし!ではシーベリーを輸入販売しようじゃあないか!ぼくちゃん天才!」

 

と浮かれつつ、せっせと輸入準備をしていました。

 

具体的には、植物検疫所・食品検疫所にサンプルを持ち込み、事前相談をしてもらったり、パッケージの試作品を作ってみたり、クラウドファンディングのページを作ってみ足りていたのです。

 

ちなみに、クラウドファンディングというのは、シンプルに言えば「予約販売」です。

 

今でも、デモページは見ることができますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

https://camp-fire.jp/projects/242616/preview?token=2klrdzhr

 

ということで、以上を3月はひっそりこっそり、せっせと準備していたわけですが、コロナウイルスが中国・韓国・日本以外にもヨーロッパやアメリカ、そしてキルギスを含む中央アジアにまでせっせと拡大していったのです。

 

そして、キルギスは空港が閉鎖されて、飛行機もびた一文飛ばない、つまりDHL(輸送サービス)も使えない、という事になってしまいました。

 

飛行機が飛んでないという事は、輸入できないので、このシーベリーの輸入販売も延期となりました。

 

また、クラウドファンディングではキャンプファイヤーさんを使っているのですが、コロナウイルスで休業などの事業に支障がある事業者は、3月4月は手数料無料のキャンペーンを行っています。

 

キルギスの空港、物流が復活したら5月中のクラウドファンディング開始に間に合うかもしれませんが、どうなるか分かりませんね。

 

そんなこんなで今回も、見事「不発」となってしまいました!!!

 

だめだこりゃ!

 

失敗はただの失敗ですか?

ただ、あえてポジティブに考えてみれば、あっちをスコップで掘って見つからない、こっちをスコップで掘って見つからない、ということを繰り返せば、「ゴン太が埋めたほねっこ」が見つかる確率も必然的にどんどん増えていくのです。

 

いやあ、ポジティブです。

 

それに付随して、「皆川のお家芸である失敗談」を皆様にお届けできるのも、悪くないかなあと思います。

 

だって、普通、大の大人はできないですよ、失敗なんて。

 

特に家族がいる家庭は。

 

ということで、「なんだか、いろいろと人生上手くいかねえなあ、ヤバイ」と感じている方に、僕みたいな存在でもなんとか生きていけているんだなあ、と気づいて頂ければ幸いです。

 

状況は悪くなる一方で、前を向いてもお先真っ暗、そんなときは後ろを見当たり、斜め45度を見てみると案外、道は開けてくるかもしれませんね。

 

PS.最近は、グラフィックデザイン、浮世絵、家紋とかに興味があるので、その勉強をしてみようと思ってます。

 

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ビジネスカテゴリの最新記事