コロナウイルスの影響を受けて3月は休業します-キルギス・中央アジア料理のカフェ【One stories】-

コロナウイルスの影響を受けて3月は休業します-キルギス・中央アジア料理のカフェ【One stories】-

こんにちは。

福岡市中央区のキルギス・中央アジア料理のカフェ【One stories】です。

さて、先週土曜日はウズベキスタン出身のルスタンさん親子が、ウズベキスタン流プロフをカフェにて披露してくれました。

キルギスに住んでいた時に、プロフはよく食べていたのですが、福岡の「かしわご飯」の味に似ているなあと思いながらいつもパクパク食べていました。

ただ、今回のウズベク流プロフで、実際の調理を見ていたら、

 

「これはかしわご飯というより、スペインのパエリヤの方が近いかもしれない」

という大きな気づきを得ることができました。

 

というのも、ご飯に肉の味を吸わせて味をつける事と、米は若干芯が残っているくらいにとどめておくこと、が調理で重要なポイントだったからです。

炊き込みご飯のように「全部ジャーに入れて混ぜ込むだけ」と考えていましたが、全くの見当違いだったようです。

 

炊き込みご飯職人とパエリヤ職人の方に怒られてしまいそうですね。

 

反省です。

 

ということで、「このウズベク流プロフを店の定番メニューにしようじゃあないか!」と考えていた矢先、福岡市にもコロナウイルスがやってきて、2名の方が感染しているという事ではありませんか!?

 

しかも、私たちのカフェがある中央区で。

 

 

コロナウイルスの影響を受けて3月は休業します

そのような情報を受けて、あまり良い状況ではないなあと感じていたのですが、その流れを受けて、

 

私たちキルギス・中央アジア料理のカフェ【One stories】も、3月は休業する運びとなりました

 

経緯についてです。

カフェOne storiesは、有難い事に、「たけとみクリニック」さんが所有されているカフェを、一日店長として(木曜・土曜)担当させて頂いています。

 

そこで、カフェオーナーさんの意向もあり、私たち運営者と協議の結果、3月中は営業を自粛する事になりました。

 

3月以降の営業再開については、状況次第でまだ未定ですが、またカフェオーナーさんと話し合って決定いたします。

 

お客様には、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

 

One storiesの休業中の活動について

 

ちなみに、3月中は何をしようかと考えていたのですが、

 

ピンチはチャンスです。

 

コロナウイルスの影響で、カフェ休業中だからこそ攻めます!!

 

休業したからって落ち込んでいる暇はありません。

 

そこで、休業中には、以下に力を入れて活動します。

・Youtubeなどの動画作成

・3か月間のカフェ運営などに関するブログの更新

・キルギス商品の輸入販売の準備

・人に会いに行く

 

私たちのカフェでは、英語・ロシア語会話のミーティングを行っていたのですが、それができなくなるのも寂しいです。

ですので、自分たちから気軽に会いに行って、英語・ロシア語会話ができればと思っています。

 

このブログを見られた方で、英語・ロシア語会話をしたい、という方は、店長と一緒に楽しく過ごしましょう!

いま、会いに行きます!!

 

コロナウイルスで疲れた人を励ます動画

最後に、コロナウイルスでパニックになっている私たちに向けて、店長が励ましの動画を作成しましたので、ぜひご視聴、シェアしていただけると嬉しいです。

 

それでは、また!

カフェカテゴリの最新記事