カフェ&ギフト【One stories】in 福岡市

カフェ&ギフト【One stories】in 福岡市

こんばんは。

福岡市でキルギス人店長の元、One storiesカフェを運営しています。

ASEL&TERUです。

最近は、カフェというよりもYoutubeの動画を撮影・作成したり、アート体験をやってみたりと、もはや創作活動の場となりつつあります。

さて、2月に入り、カフェの営業も2か月が過ぎました。

カフェの方はというと、まだまだ先が見えずに厳しい状態です。

もちろん、ロケーションの悪さもありますが、それ以上に、自分たちがまだまだ未熟なため、魅力のあるカフェにできていないという要因が大きいのでしょう。

コーヒーを売って、売上を叩き出す!というのは、完全に間違った方向に向かってしまうので、気をつけなければなりません。

ということで、方向性を見極めるためにも、自分の店を客観視してみます。

カフェOne stories、営業2か月を振り返ってみる

商品:

フェアトレードコーヒーや、オーガニックサワークリームを使ったクレープなど、味は美味しい。でも、これを食べたいから遠路はるばる車でくる!というほどではありません。

サービス:

キルギス人の店長のもと、お客さん-店員さん、お客さん-お客さん、という関係性を超えたつながりを持つ、というのはコンセプト通りになりつつあります。

経験:

Fluid Artのアート体験や、キルギス共和国をフィルム写真で紹介する、という活動を行っています。また、気軽に英会話が楽しめるランゲージエクスチェンジという会も開いているわけです。

ただ、この体験をする為に遠路はるばるやってくるか?と言われると微妙な気がします…

こんなことをお前が言っていいのか!?という気がしますが、あくまでお客さんの目線に立ってみると、正直になってみる必要があります。

価格:

コーヒー一杯:350円。個人経営のカフェは一杯:500円、という所が多いので、価格的にはミドルという気がしています。ただし、これに加えて駐車場代というのがお客さんにはかかるのがネックです。

というのも、基本的にOne storiesでは、お客さんの滞在時間が∞であるため、その分駐車場代がかさむは痛いですよね。

ただ、One storiesはサクッときてサクッと帰るような場所ではないので、この辺りをどうするかが課題ですね。

アクセス:

フィジカル的なアクセスは悪いですね。地元の人に聞いてみても、行けて薬院、六本松までとの事でした。

メンタル的なアクセスについてですが、SNSやYoutube、ホームページ、NOTE、グーグルビジネスなどを使っています。ただ、これを上手く使えているか?というと、まだまだですね。

ここは、改善の余地が大きくあります。

以上をまとめてみると、一般的なカフェのようにやっても全然ダメ(笑)ということですね。

また、キルギス店長の人柄以外、特に魅力的な物がないため、いわいる「定番商品」をいかにつくるかが今後の課題となっております。

そこで、最近ではギフト販売の商品開発を研究しています。

例えば、この 【大切な人を励ましたい、応援したい時に送るギフト】です。

説明します。


コンセプト: 大切な人を励ましたい、応援したい時に送るギフト

https://www.ttrinity.jp/shop/one-stories/make/?

大切な人が記念日を迎える。
ただ、その人が「人生絶好調!ハッピー!」とは言えない状況にあるかもしれません。

「上手くいかない、結果が出ない、病気で辛い、先が見えない」

そんな状況にある人を、何とか励ましたい。

このTシャツは、【キルギスのフィルム写真×聖書の言葉】で構成されており、「プレゼントをもらった人の励ましになるように」という想いでデザインしました。

作品一つ一つに意味がありますので、相手に合った言葉が見つかるようにしています。

ちなみに、現在は10作品ほど完成しております。


もし、こういうデザインが欲しい!という要望がありましたら、ご連絡ください。
ギフト用の梱包もございます。

まとめ

カフェ営業も2か月が経ち、何が良くて、何が悪かったか?

何を続けるべきで、何をやめていくか?少しづつですが、分かってきました。

コーヒーをただ売る、なんてもってのほか。

お客様が、確実に喜んでもらえるような、自分たちの定番商品を作る。

まだまだ未熟ですが、日々改善していきます。

福岡市のカフェOne stories。

ぜひよろしくお願いいたします。

未分類カテゴリの最新記事